◇ヨガ全般

『ヨガ』と『ストレッチ』の違い~なりたい自分を目指す

2016/09/15

『ヨガ』と『ストレッチ』の違いって何だと思いますか?

ヨガをやって、「伸びた~」
という感想をぽろっと漏らす方がいらっしゃいます。
確かにね、伸びますね!ヨガ。

ストレッチはどうでしょう。
伸びそうですね?
「伸ばす」そのものの意味ですね!?

じゃあ、ストレッチでいいんじゃない?
お風呂上りにイッチニーサンシ・・・

でも何か物足りない?
身体が柔らかくならない?
家族の前でストレッチ、ちょっと気恥ずかしい?

呼吸とともに、ヨガのポーズ(アサナ)を行うことが、ヨガです。
ヨガにないポーズでも、ヨガポーズをやる準備として様々な体の動かし方をすることもあります。
ヨガは最終的に行き着くところでは、蓮のポーズ(パドマーサナ)で何時間でも瞑想していられる体を作るためにやっています。
足をあんなふうに組むだけでも大変・・・という方も多いですね。
あぐらで座ったり、足を伸ばして前屈したり、一見関係なさそうなポーズで身体を鍛錬することで、筋肉が伸びたり縮んだりします。
ストレッチだけではなく筋肉トレーニングの要素がたくさん入ります。
身体の緩めかた、骨格の意識、骨格と筋肉の個性、今日の自分の身体と心と向き合い見つめることなど、ヨガの過程で見えてくることがたくさんあります。

何のためにヨガをやっているのでしょうか?

丈夫な身体をつくるため
スレンダーな身体をつくるため
重くない身体をつくるため
免疫力の高い身体をつくるため
疲れにくい身体をつくるため
若い身体をつくるため
新陳代謝のよい身体をつくるため

!!!すごくいいと思います!!!

打ち勝つ心を得るため
感情に振り回されない心を得るため
やる気に満ちた心を得るため
イライラしない心を得るため
明るいパーソナリティを得るため
プラス思考の人間になるため

!!!すごくいいと思います!!!

「身体が伸びるためのスイッチは頭頂にある」
と、ヨガ解剖学トレーニングで学びました。

しかもそこは、イライラ解消のツボと言われる場所(百会のツボ)。
頭頂を意識したヨガで、なりたい私のスイッチオンをすることを心掛けています。

余談ですが、かねてより勉強してきた保育士試験に合格しました!
ヨガを通してベビー、幼児、親子と関わる機会がとてもとても多いので、基礎知識として勉強しを続けてきたことが実を結びました(*^-^*)
上記のようなヨガを通した考え方は、自分を励ますよい力となりました。
これからも、活動を通して役立てていきたいと思います。

にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村 子育てブログ キッズヨガ・ベビーヨガへ

にほんブログ村

-◇ヨガ全般
-,